Topics

2018年08月23日

【新発売】日本人にフィットする、コンパクトでスタイリッシュなレース対応モデル「RECT(レクト)」を新発売。

日本人にフィットする、コンパクトでスタイリッシュなレース対応モデル「RECT(レクト)」を新発売。

k18_rect_0.jpg

 日本人にフィットし、コンパクトかつ軽快感のあるスタイルと、コストパフォーマンスを両立したサイクルヘルメット「RECT(レクト)」を発売します。

 

 新たなラインナップに加わった新設計の「RECT」は、優れた安全性能を確保しながら、シェルとライナーの一体感を意識し、コンパクトスタイルでスピード感ある造形デザインとしました。Kabutoサイクルヘルメット全モデル共通の、日本人の頭部形状に合う快適な被り心地はもちろん、ポタリングからJCF(公財)日本自転車競技連盟公認レースまで、幅広いシーンに対応する、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

 

flair_9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 今回、新たに設計した「XF-8 アジャスター」はサポート部分内面を球体形状とし、後頭部を包み込むようなフィット感を実現。更にサポート部分に適度なしなりを持たせたスプリング構造を採用。これによってアジャスターを締めこんだ際に、心地よいサポート感とワンランク上のフィット感が得られます。さらに頭部形状や好みに応じて、上下4段階の調節を可能としています。

xf8_adjuster.jpg rect_xf-8_adjuster_3a.jpg
新設計の「XF-8 アジャスター」 サポート部分内面に球体形状を採用
rect_xf-8_adjuster_bane.jpg rect_xf-8_adjuster_a.jpg
適度なしなりを持たせたスプリング構造 上下4段階調節可能

 

 内装には、「A.I.ネットAnti-Insect アンチインセクトネット)」を標準装着。「A.I.ネット」は、エアインテークから虫の侵入防止を主な目的として、メッシュネットとクッションパッドのハイブリッド構造とした、前頭部から頭頂部を包み込むインナーパッドです。

rect_ainet2.jpg
RECT専用「A.I.ネット」

 

 また、後頭部のライナーとエアホールデザインは、市販のシリコンベルトタイプのテールライトを取り付けやすい形状としています。※一部、取り付けできないテールライトもあります。

rect_tail_light.jpg
※ライト取り付けイメージ

 

 カラーは、バイクやジャージに合わせやすいよう豊富にラインナップ。パールホワイト、ブラック、G-1マットホワイト、G-1マットブラック、G-1マットホワイトレッド、G-1マットブラックレッド、G-1マットブラックブルーの全7色。サイズはM/Lのワンサイズ。

j-rect_g1-mbk.jpg j-rect_adjuster-img.jpg j-rect-pealwhite.jpg
G-1マットブラック G-1マットブラックREAR VIEW パールホワイト
j-rect-black.jpg j-rect_g1mwh.jpg j-rect_g1mwhrd.jpg
ブラック G-1マットホワイト G-1マットホワイトレッド
j-rect_g1-mbkbl.jpg j-rect_g1mbkrd.jpg
G-1マットブラックブルー G -1マットブラックレッド

 

 


■RECT(レクト)
価 格:¥7,200(+消費税)
カラー:パールホワイト※ブラック※、G-1マットホワイト、G-1マットブラック、G-1マットホワイトレッド、G-1マットブラックレッド、G-1マットブラックブルー
※パールホワイト及びブラックは2018年10月発売予定
サイズ(重量): M/L(245g)
<JCF(公財)日本自転車競技連盟公認>


 

 

■ RECT の主なスペック 
・コンパクトかつ軽快感のある"JCF公認レース"対応のニューモデル。
・日本人の頭部形状にあわせた円形に近い帽体設計を採用。
・サポート部分内面を球体形状とし、後頭部を包み込むようなフィット感を実現する新設計の「XF-8 アジャスター」を装着。
・「XF-8 アジャスター」は頭部形状や好みに応じて、上下4段階の調節を可能
・虫などの侵入を防ぐ「A.I.ネット」を標準装着。
・後頭部に市販のシリコンベルトタイプのテールライトが取り付けやすい形状を採用。

 

☆RECTの製品ページはこちら

 

株式会社オージーケーカブト
※画像の無断転載を禁ず

  • Kabuto
  • Twitter
  • Kabuto Active Channel YouTube
  • Youtube
  • Instagram

↑