メディア掲載情報&インプレッション

カテゴリー

最近の記事

ブログ記事一覧

過去の記事(旧サイト)

【ライター浅野のインプレブログ】[インバーバルコラム] 業界初! ヘルメット購入者に「自転車用ヘルメット保険」プレゼント

カテゴリー:Bicycle

【インターバルコラム】<その21>

業界初! ヘルメット購入者に「自転車用ヘルメット保険」プレゼント

hoken.jpg

 オージーケーカブトのホームページ、自転車とチャイルドの製品ページのトップ画面に「自転車用ヘルメット保険」バナーが付いているのにお気づきになられていますでしょうか?

hpaubananar.jpg
 オージーケーカブトは2017年3月1日から、同社の自転車用ヘルメット購入者を対象に、au損保の「自転車用ヘルメット保険」を1年間無料でプレゼントする業界初の取り組みを始めています。上記のバナーをクリックすると、専用サイトが表示されますが、概要は下記の通りです。

 

【キャンペーン概要】

 

●無料加入受付期間 2017年3月1日〜2018年2月28日まで

 

●補償内容

・死亡保険金・後遺障害保険金 100万円

・ヘルメット着用中死亡特別保険金補償 100万円

 


●補償期間
WEBサイト上で被保険者登録を完了された翌日午前0時から、1年後の応当日(契約日に対応する日)午後4時までの1年間

 

●対象者
オージーケーカブトの自転車用ヘルメット購入者
(Kabutoブランド、KOOFUブランド、OGKブランドのほぼすべてのモデル)

 

●加入条件
対象ヘルメット購入後30日以内に専用WEBサイトから被保険者登録を行うこと

 

※詳しくはキャンペーン特設サイトをご覧ください。

https://app.au-sonpo.co.jp/ogkkabuto/

au_sonpo_helmethoken.jpg

 

 

____________________

ヘルメットをかぶることで自転車の死亡事故は減らせる

 

 近年、自転車人気の高まりとともに、自転車の絡む交通事故に注目が集まっています。

公益財団法人 交通事故総合分析センターの「交通事故分析レポートvol.97」によると、平成13年から平成23年までの交通事故統計データから、自転車の事故について次のことが分かります。

●交通事故の死傷者数は減少傾向にあるものの、交通手段別に見ると、自転車は他の交通手段(四輪車、二輪車、歩行中)と比べて減少幅が小さい傾向にある。
●自転車事故で死亡した被害者は、64%は頭部の損傷が主な死因となっている。
●ヘルメットを正しく着用していれば、自転車事故での頭部損傷による死者はおよそ1/4に低減する

▶詳しくはこちら▶(交通事故総合分析センター「交通事故分析レポートvol.97」

itarda.jpg

つまり、ヘルメットを正しくかぶれば、自転車の死亡事故は大幅に減らせるのです!

 

____________________

着用率は伸び悩む

 

 とはいえ、ヘルメットの着用率はそれほど高くないのが実情ではないでしょうか。

オージーケーカブトが2016年3月に3歳から小学校低学年の子どもをもつ1238人の親を対象に行った調査によると、子ども用ヘルメットを「必ず着用させている」と答えたのは、子ども乗せ自転車利用者で4割台半ば、子ども用自転車利用者で3割強となっています。
2014年の調査からはそれぞれ2〜4ポイント増えているものの、伸び悩んでいるのが実情です。

ヘルメット着用努力義務のある子どものデータでこの数字なので、シティサイクルに乗る大人を含むと着用率はもっと低いと考えられます。

(2016年 「子どもの自転車ヘルメット着用実態レポート」はこちら

tyakuyoujittai.jpg

 

____________________
「ヘルメットをかぶる人が増えてほしい!」

 

 このキャンペーンには、「自転車ヘルメット保険をきっかけに、自転車の安全走行についてひとりでも多くの人に考えてほしい。自転車用ヘルメットを多くの人がかぶるようになってほしい」というオージーケーカブトの熱い思いが込められています。

ヘルメットをかぶるのは、ライダー自身を守るため。
さらに、万が一事故に遭ってしまったときには、死亡のリスクを減らすことで自分の家族に迷惑をかけないということにもつながります。

自転車に乗るときはいつも正しくヘルメットをかぶり、安全にサイクルライフを楽しみましょう!

(浅野真則)

↑