メディア掲載情報&インプレッション

【ライター浅野のインプレブログ】[AERO-R1]空力と通気性を両立したショートタイプのエアロヘルメット

カテゴリー:Bicycle

[ヘルメット・AERO-R1] <その1>

空力と通気性を両立したショートタイプのエアロヘルメット

 

 Kabutoの2017年モデルの目玉となるショートタイプのエアロヘルメット「AERO-R1(エアロ・R1)」が発売され、すでにレース会場やサイクリングロードなどでも多くのエアロ・R1ユーザーをみかけます。

 エアロヘルメットというと、これまではタイムトライアルやトライアスロン向けのモデルが多かったのですが、最近ではロードレースでも空力を重視する動きが広がっており、ロードレースでも使えるようなショートタイプのエアロヘルメットが登場しています。
そこに満を持してKabutoがエアロ-R1を投入したわけです。

まずはエアロ・R1の商品プレビューをお送りします。

AEROR1IMG02.jpgAEROR1IMG01.jpg

____________________

圧倒的な空力性能

 

 このモデルの最大の特徴は、優れた空力性能を実現するとともに、エアロヘルメットでは犠牲になりがちだった優れた通気性も両立していることです。

空力性能のカギとなるのは、ウェイクスタビライザー。

AEROR1WAKESTABILIZERS03.jpg

 ウェイクスタビライザーとは、オートバイレース用のヘルメットデバイスとして、Kabutoが独自開発した画期的な機構。
ヘルメット後部に発生する乱流を整え、ティアドロップ型の空力の流れを作り出す機能があります。
これにより、ショートテール型のヘルメットでありながら、ロングテール型と同等の空気抵抗削減を実現するのです。

aero_tear04.jpg

____________________

メガネをかけたままでも使える専用シールドが付属

 さらに専用シールドが付属するのもこのモデルの特徴。

シールドを付けることで、空力性能を高めてくれます。
さらに、通常のアイウェアより広い面積をカバーし、視野が広く、フレームが目に入らないのも魅力です。
もちろん、目を風や紫外線、ホコリなどから保護してくれます。

しかもこのシールドは、メガネをかけたままでも取り付けられ、メガネと干渉しないようになっているんです!
メガネを使うサイクリストとしておなじみ、TTの全日本チャンピオンの西薗良太選手もこの点に関して絶賛しています!

着脱はマグネットでワンタッチ。
標準のクリアタイプのほか、オプションでスモークやピンクミラー、ブルーミラーの3モデルも用意されています。

AEROR1SHIELD05.jpg

____________________
エアロヘルメットでありながら高い通気性も両立

 

 空力性能を追求しつつも、エアロダイナミクスを妨げないよう、開口部の位置や大きさも配慮。

エアルートを深めに設計し、ヘルメット内部にしっかりと風を通過させ、シェル内にたまった熱気を輩出することを可能にしています。

aeroroad_Airflow_img06.jpg

 

 

____________________

快適性を支えるテクノロジーも満載

 

 もちろんKabutoのヘルメットですから、快適性の追求も妥協していません。

シェルの形は、断面が真円に近い日本人の頭の形にジャストフィットするアジアンフィットを採用。

XF-7アジャスターを搭載し、フィット感の微調整も可能です。

AEROR1XF7ADJUSTER07.jpg

さらに2種類のインナーパッドを同梱。
通気性重視のノーマルインナーパッド(7 mm厚)と虫などの侵入を防ぐA.I.ネットからお好きなものを選んで使い分けることができます。

ainet07.jpg

 

瞬間消臭素材MOFFを使った極薄のあごひもは、しなやかでいつでもさわやかな着け心地を実現。

モデルによってカラーも変えられているのが憎いですね!

AEROR1MOFF09.jpg

 

____________________

軽量モデルに匹敵する軽さ。カラーバリエーションも魅力

 

 カラーバリエーションは、マットホワイト、マットブラック、パールホワイトレッド、マットブラックレッド、ブラックブルー、ブラックグリーン、ブラックイエローの全7色。

サイズはS/MサイズとL/XLの2サイズ展開です。

 

aeror1_color10.jpg

 

気になる重量は、S/Mサイズのシールド未装着時で205gと、ゼナードなどと同レベルの軽さも実現しています!

まさにTTからロードレース、ヒルクライムまであらゆるレースをカバーするエアロ-R1。

 

次回、ファーストインプレッションで使い心地や性能を徹底調査します!

(浅野真則)

浅野さん.jpg

↑