メディア掲載情報&インプレッション

カテゴリー

最近の記事

ブログ記事一覧

過去の記事(旧サイト)

【ライター浅野のインプレブログ・番外編】【2018年・Kabuto製品の注目アイテムを一挙ご紹介!】<その1> 超軽量モデル登場。ヘルメットは「用途で選ぶ」時代へ

カテゴリー:Bicycle

【2018年・Kabuto製品の注目アイテムを一挙ご紹介!】<その1>

超軽量モデル登場。ヘルメットは「用途で選ぶ」時代へ

329-1.jpg

↑新製品が初披露されたサイクルモードインターナショナル2017のKabutoブース

____________________

Kabuto史上最軽量ヘルメット・FLAIR誕生!

 

 Kabuto2018年モデルの中で、最大の目玉商品と言っていいのが、サイクルモードインターナショナル2017で初披露となった新製品のヘルメット「FLAIR(フレアー)」です。

329-3b.jpg329-2c.jpg

 このモデルの特徴は、Kabuto史上最軽量のヘルメットであること。重量はS/Mサイズで170g(SLW-1アジャスター+ノーマルパッド)という圧倒的な軽さを実現しています!

329-3.jpg329-2.jpg

 Kabutoの超軽量ヘルメットといえば、かつてのMOSTRO(モストロ)S/Mサイズ190gやREDIMOS(レジモス)S/Mサイズ205gなどが思い浮かびますが、フレアーはこれらのモデルと比べてもカタログ重量で20gほど軽量です。その秘密はどこにあるのでしょうか?

329-3c.jpg

 開発者にうかがったところ、軽さを追求するためにさまざまな新しいテクノロジーを採用しているそうです。ヘルメットの帽体・シェルを見ても、数々の軽量化のための工夫が見られます。素材は日本メーカーのEPS(発泡ポリエチレン)を採用し、軽さと衝撃吸収性、強度を高い次元で兼ね備えることに成功。

329-4.jpg

 また、シェルの各部にシェルカット(パンチング加工)を施すなど可能な限りの肉抜きを行い、シェルカットの有無を比較したときの面積比「8%」削減しているとのこと。シェルの形状も浅めとし、軽量化と同時に登坂時の前方・上方の視界を確保しやすくなっているそうです。

329-5.jpg329-4b.jpg

 他にも徹底的な軽量化の努力が見られます。例えば、あごひもには消臭繊維MOFFが使われていますが、従来のものより薄い極薄タイプを採用。さらに耳の下にある樹脂製パーツのアジャストロックを廃止し、取り回しを見直しています。

329-6.jpg

 ヘルメットのフィット感を調整するアジャスターも、決戦用の超軽量タイプが用意されています。標準装備されているのは、AERO-R1(エアロ・R1)にも採用されているXF-7アジャスターで、これでも十分軽いのですが、フレアーにはさらに軽量なSLW-1アジャスターが同梱されています。

 

SLWとはSuper Light Weight(スーパーライトウェイト)の頭文字で、文字通り「超軽量」という意味です。SLW-1アジャスターは標準装備のXF-7アジャスターのおよそ3分の1の重量という軽さです。

329-7c.jpg

「軽さを追求した分、使用感と耐久性は割り切った使い切り消耗品」(開発担当者)との位置づけになるそうで、SLW-1アジャスター単体でリペアパーツとしても購入可能とのことです。ちなみに各部材で軽さの比較をおこなうと、

 

●シェル:シェルカット(パンチング加工)の有無を比較したときの面積比「8%」削減

●あごひも:アジャストロック付きのZENARD(ゼナード)と比較すると「30%」削減

●アジャスター:SLW-1アジャスターとXF-7を比較すると「69%」削減

●総重量:フラッグシップモデルのZENARD(ゼナード)と比較すると「15%」削減

 

ということです。軽さを追求して開口部も広めにとられているので、通気性も良さそうですね。ヒルクライムはもちろん、暑い時期のロードレースにも使えそうです。3月発売予定、カラーは6色、サイズはS/MとL/XLの2サイズ、価格は19,500円とのこと。今から発売が楽しみですね!

329-8.jpg

____________________

ヘルメットを「用途に応じて」選ぶというKabuto CONCEPT(コンセプト)

329-10.jpg

フレアーの登場により、Kabutoのヘルメットのラインナップには、

ULTRA COOL:冷感性能を極めたZENARD(ゼナード)

ULTRA LIGHT:軽さを極めたFLAIR(フレアー)

ULTRA AERO:空力性能を極めたAERO-R1(エアロ・R1)

329-9.jpg

 というキャラクターの違う3つのハイエンドクラスのモデルがそろう揃ったことになります。これらのモデルは、ひとつのヒエラルキーで上下関係にあるわけでなく、いわばKabutoの3本柱と言えます。

 

どのモデルも万能タイプの高性能モデルとしての資質を備えていますが、際立った個性を持つスペシャリストでもあります。例えば、ゼナードなら「高温多湿な日本の気候で最大限にパフォーマンスを発揮するのに有効」、フレアーなら「ヒルクライムで軽さを追求したり、ロングライドで疲労を低減するのに有効」、エアロ・R1なら「高速レースで空気抵抗を減らすのに有効」というように、それぞれの持ち味が発揮されるシーンがあります。

 

これらのモデルをシーンに応じて使い分けることで、サイクルライフはより快適になります。ヘルメットを「用途に応じて」選ぼう――。これはKabutoの新たな提案です。

 

____________________

 Kabuto2018年注目の新製品紹介「その1」は、今年最大の目玉商品フレアーが投入されるというニュースでした。ヒルクライムやロードレースに出場する僕としても、かぶり心地や使用感はとても気になるところです。当インプレブログでももちろん、フレアーが発売されるタイミングで徹底インプレッションを行う予定です。

 

乞うご期待!

 

次回、【2018年・Kabuto製品の注目アイテムを一挙ご紹介!】その2はアイウェア編をお送りします!

(浅野真則)

浅野さん.jpg

↑