RACE & TOUR REPORT

カテゴリー

最近の記事

ブログ記事一覧

過去の記事(旧サイト)

【Kabuto海外ライダー情報】Kabuto海外ライダーの近況「ル・マン24時間2位のアレックス・クドリン、鈴鹿8耐に参戦!」

カテゴリー:Motorcycle

アレックス・クドリン、ル・マン24時間耐久で2位に。鈴鹿8耐にも参戦!

 
 少し前、4月のことになりますが、今年のル・マン24時間耐久レース(フランス)において、2013年の世界耐久シリーズチャンピオンでもあるアレックス・クドリン選手(オーストラリア/Team April Motors Events)が2位を獲得、表彰台に登りました。またこの過酷な耐久レースには、日本からチームF.C.C. TSRが参戦。ライダーの渡邊一馬選手のチームメイトとなったダミアン・クドリン選手は、アレックス選手の兄で、3位に入賞。ル・マン史上初めて、兄弟で同じ表彰台に登りました。
 そして今回、日本の最高峰「鈴鹿8時間耐久レース」に参戦、世界耐久選手権シリーズのランキングトップを走るチームApril Motors Eventsの一員として初めて鈴鹿を走ります。また兄のダミアン選手は今回、au&テルル・Kohara RT の一員として、つまりKabutoライダー秋吉耕佑選手のチームメイトとなって、ル・マンに続いて再び兄弟で鈴鹿8耐を闘います。以下、本人のWEBサイトより、ル・マンの報告と、鈴鹿8耐への意気込みを転載します。
▶FIM耐久シリーズランキング http://www.fim-live.com/en/sport/sport/endurance/
 
 
cudlon01.JPG
▲ル・マン24時間耐久のポディウム写真。左から2人目がアレックス・クドリン選手
 
 
FIM耐久シリーズランキング、トップを走るTeam April Motors Eventsのル・マン24時間耐久レースレポート

度重なるトラブルに"ネバーギブアップ"の精神で闘った24時間

 

 タリーのアレックスクドリンが、先週末フランスにて開催された世界で間違いなく厳しいレースの一つと言っても間違いないほど過酷な「ルマン24時間レース」の開幕戦で、2位で完走をした。このことで彼は2016年の世界選手権の完璧なスタートを切った。
 
 プライベーターチームとして構成されている「Team April Motors Events」のアレックスとほか二人のチームメートは、ダンロップタイヤを装着したマシンで、その性能を十分に発揮させた。凍えるほど寒く濡れた路面のル・マンサーキットで、予選第1ヒート、ポールポジションを獲得してパドックに衝撃を与えた。
 
 また一方で、路面ドライの状態で行われた2日目の最終予選では、アレックスと彼のチームは24時間耐久レースのために用意されたレース本番用タイヤを使用する作戦で最終的に7位という結果で予選を通過した
 
 土曜日午後3時、ル・マンのサーキットには7万6千人の観衆が集まり、フランス国歌がとどろく中で2016年ル・マン24時間耐久レースは開幕した。
 
 アレックスのチームメートのイギリス人ライダー、グレッグ・ブラック選手がチームの第1ライダーとして選ばれ、オープニングラップですぐトップ争いに加わり、すぐに彼の実力を見せ付けた。
 グレッグはリードを20秒にも伸ばしていたが、後輪タイヤの問題のために途中ピットイン。このことで、順位を39位まで落としてしまい、レースの先頭グループからは2ラップ差をつけられてしまった。
 

 アレックスとチームメイトの2人は、その差を詰めるべく、レースに集中。その結果、12時間経過時点で5位まで順位を上げていた。
cudlin02.JPG
 レースを良い感じで進められる3名のライダーのハイペースな追い上げにより、約18時間経過時点には彼らのチームはなんと3位まで順位を上げ、2位のアレックスの兄のダミアンのチームであるFCC TSR teamに追いつこうとしていた。つまりクドリンは兄弟で表彰台の2つの席を争う形になった。
 このレースはル・マンからのライブ中継が行われていて、オーストラリアのファンを含め、世界中のレースファンがテレビで観戦していた。アレックスと彼のチームが20時間経過の時に2位に上がったが、それは一時的なものだった。シフトペダルが壊れたことで予期せぬピットストップを招き、アレックスのチームはFCC TSR teamに2ラップ差を付けられて、再び3位に落ちてしまった。
 
 残り4時間となった時、アレックスとTeam April Moto Motors Eventsは誰もが狙う表彰台の、2位のポジションを取り戻しつつあった。残り時間もハイペースでラップが刻まれ、彼らはピットストップによって失ったラップを取り戻し、再びFCC TSR teamを追い抜くことに成功、22時間経過時点で2位返り咲いた。
 
 このレースは最後の最後までクドリン兄弟が抜きつ抜かれつの展開となった。どちらのチームも全てのクルーが彼らのマシンをチェッカーフラッグが振られるまで全力でサポート。その結果、弟のアレックスが2位、兄のダミアンが3位という結果になった。
 このレースはクドリン兄弟にとって記録的な瞬間であり、ル・マン24時間の同スーパーバイククラスで表彰台に並んだ最初の兄弟となった。
cudlin04.jpgアレックスは「美しいレースだった、という以外に表現のしようがない。私たちは直面した問題にことごとく対処して、"ネバーギブアップ"の姿勢と精神を見せた。チームにとって、初めてのEWCの表彰台を獲得したことは素晴らしい結果だ。私たちはプライベーターチームであり、ワークスチームを相手にレースしている。チームの総予算は、これらのチームと比べて僅かであり、私たちはこのような長いレースでも彼らとしっかりレースで争えることを示した。私にとってこれが、この2位という結果の最も素晴らしい点だと思っている。最後に良い結果で報いることが出来た。また、兄とこのような記録を作ったことで、より素晴らしい結果となった。」とコメントしている。

「私のチームはこのレースで素晴らしい結果を残し、チームがいかに良いメンバーなのかを証明した。シーズンの最初に言った通り、表彰台のために戦い、いくつかの賞を獲得することを望んでいた。それをこのように最初のレースで実現できた。チームとしても、このような結果を残すことでのみ、より強くなれると思う。」


アレックスは、「肉体的にもここ数年の24時間レースの中でベストの状態だった。タリーにあるI-Gymによる新しいトレーニングプログラムと、新しい栄養学の組みあわせのおかげで、レース全体を通して持続力を維持できた。この結果がシーズンの残りに向けて大きな自信となっているよ。またポルトガルでの第2戦で他のチームと再会するのが楽しみだ。」と語った。
アレックスは6週間後にポルトガルに旅立つ前までタリーでトレーニングプログラムを引き続き行う予定である。

 

(以下、ポルトガルでのレース後のコメント、Alex Cudlin's conclusionから抜粋しました)

ポルティマンで5位だったことは我々のチームにとって良いことだ。(ル・マン24時間の2位獲得から)現実的にならなければならない。我々はプライベートチームであり、ファクトリーチームを相手に挑戦をしている。目標は5位以内で、それは達成できた。そしてエンデュランスのチャンピオンシップにレースの舞台を再び移した。これは我々のような小さなチームにとっては特別なことだ。ここで自分たちの能力を見せれたらと願っている。

cudlin03.jpg

  次のチャレンジは、日本の鈴鹿での8時間耐久レースだ。目標は、ポイントを獲得しレースを終えること。その結果で、自分たちがチャンピオンシップでどの位置にいるか分かる。今回の結果を誇りを持っているし、それはミス無く走ってくれたチームメイトと偉大なメカニックのおかげだ。レースの最中に燃料ポンプの問題があり、タンクを変えるためにピットインしなければならなかった。タンク交換のために3分間、つまり2周を無駄にしてしまった。鈴鹿ではこのようなトラブルがなく、耐久チャンピオンシップの先頭を走り続けたいと思っているよ。

▶コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8耐オフィシャルHP http://www.suzukacircuit.jp/8tai/


Translation:OGK KABUTO Co,.Ltd.

Taree's Alex Cudlin has had a dream start to his 2016 World Championship campaign by finishing 2nd at the opening event, the gruelling Le Mans 24 Hour in France last weekend, arguably one of the hardest motorcycle races in the world.
Lining up for the privateer outfit "Team April Moto Motors Events", Alex and his two team mates stunned the paddock by using the Dunlop equipped bike to its full potential, claiming provisional pole position after the first qualifying sessions on the freezing cold and wet Le Mans circuit.

With track conditions drying up however, in final qualifying on Day 2, Alex and his team eventually qualified 7th outright, using the strategy of using race tyres in Qualifying to prepare the bike for the long 24 hour race.

With the French national anthem ringing out to the 76,000 spectators at the circuit, at 3pm Saturday, the 2016 Le Mans 24 Hour got underway.Alex's team mate, British rider Gregg Black, elected to start for the team and quickly showcased his speed by jumping into the lead on the opening lap.

Gregg then increased his lead to a whopping 20 seconds, before a mid-stint pit stop, due to a rear tyre issue, dropped the team back down to 39th position, 2 laps behind the leaders of the race.

Alex and his two team mates then fought their way back into the race, moving up to 5th position by the 12 hour mark.

With progress and super-fast lap times by all 3 riders, at around the 18 hour mark the team had moved into 3rd position and began catching the 2nd placed team, FCC TSR team, which happened to have Alex's older brother, Damian, in its team, making it a Cudlin Brothers battle for the final 2 spots on the podium.

Watched by TV fans worldwide, including Australian fans who were able to watch the race being televised live from Le Mans, Alex and his team moved into 2nd position at the 20 hour mark, but it was short lived, with a broken gear lever causing an un scheduled pit stop, dropping Alex's team back down to 3rd position - 2 laps behind the FCC TSR team once again.

With just 4 hours to go, Alex and Team April Moto Motors Events began their climb back to the coveted 2nd position on the podium. Lapping at a fast and relentless pace, they clawed back the lost laps and passed the FCC TSR team once again, placing them in 2nd at the 22 hour mark.

It was a nail biting battle between the two Cudlin brothers right to the very end, with both teams pushing themselves and their bikes all the way to the chequered flag, with the younger brother, Alex, taking 2nd place on the podium, and the elder brother Damian taking 3rd place.
This was a record moment for the Cudlin brothers, who are the first brothers ever to have shared the podium in the same Superbike Class at the Le Mans 24 Hour.

"What can I say, other then it was a beautiful race. We showed our "never give up" attitude and our spirit by coming back each time from the issues that we were faced with. It's an amazing feeling claiming the team's first ever EWC podium. We are a privateer team and we are competing against full factory teams. Our total team budget is tiny compared to the factory outfits and we showed we can fight them in these long races. I think for me that's the most special part of this result. It was also extremely nice to share the podium with my brother Damian. We spent the entire race fighting with each other on track, so it was nice for us both to be rewarded with good results at the end.
Making the record books with my brother is even nicer" commented Alex.

"My team was fantastic in this race and proved just how good they are. I said at the start of the season I wanted to fight for podiums and take some factory scalps along the way and we have done it at the very first race. As a team we can only get stronger from here".

Alex said, "Physically I felt the best I've felt in a 24 hour race in years. A combination of a new training program thanks to I-Gym in Taree and a new diet from Shots and I-nutrition helped me power on throughout the whole race. This result has filled me with a lot of confidence for the remainder of the season and I can't wait to meet all the team again in Portugal for round 2."
Alex will now continue his training program in Taree before flying to Portugal for round 2 of the World Championships in 6 weeks' time.

"To finish 5th at Portimao is a good job for our team.

We must be realistic. We are a privateer team facing the challenge of factory teams. Our goal was top 5 and we achieved that.

Since finishing in that place, we have now moved into the lead of the World Championship. This is something special for our little team and hopefully it has showed just what we are capable of.

Our next challenge will be Suzuka japan. The goal there will be just to finish in the points. Then we will see where we are sitting in the championship race.

I'm proud of the result and it's due to the faultless riding of my team mates and I and the great mechanics we have.

During the race we had a fuel pump issue which ment we had to pit to change the tank. We lost 3 minutes in that change which was 2 laps.

Hopefully in Suzuka we don't have these issues and we can continue our charge at the front of the championship."

This extraordinary race has turned the FIM EWC championship standings upside down, which is good for the race, good for motorsports. A private team leads the standing.

The next challenge to face for Alex Cudlin will be next FIM EWC championship round scheduled for 31 July: the legendary Suzuka 8 Hours in Japan...let's wish that the Suzuki #50 privateers will make it all happen again !

↑